―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

キャッシング

最近注目のキャッシングについて紹介しています。キャッシングに関心がある人へ、基礎的なことから解説したサイトです。
トップページ >

ページの先頭へ

銀行系キャッシングとは

キャッシング

さまざまな系列がキャッシング会社にはあり、特徴が銀行系、消費者金融系、信販系などによって異なります。
キャッシング会社の中でも銀行系キャッシングというのは、銀行が出資しているものです。
金融会社からの融資は、銀行が出資してつくった会社からのものであり、直接銀行が融資をしていることにはなりません。
銀行の持つ融資に関するノウハウを生かし、個人を対象に大口の融資を行っているという形です。
そうはいっても、銀行というブランドが後ろについているという心強さからなのか、利用する人が多いようです。
低い金利での融資が受けられるとはいえ、審査が厳しいというイメージが銀行系キャッシングにはあるでしょう。
審査が早く融通がきくところも近頃はありますが、ほとんどが以前と変わりません。
厳しい審査ときくと、心配になる人も多いのではないでしょうか。
問題を今までローン返済で起こしたことがない人で、コンスタントに収入があるならば、きつい条件ではないといえます。
サラリーマンでなく、収入が不安定な自営業やアルバイトの人でも銀行系のキャッシングでも融資を受けることは可能です。
ネットキャッシングの即日融資が可能なところもあり、素早い審査を行っている銀行系のキャッシング会社も多くなってきています。
銀行系キャッシングを、キャッシングが必要になった場合には検討してみてはいかがでしょうか。

銀行系キャッシングの総量規制

キャッシング

銀行が出資してつくったキャッシング会社のことを、銀行系キャッシングといいます。
もうひとつ銀行キャッシングというのは、ダイレクトに銀行が行うキャッシングです。
このように貸し主が銀行系と銀行と2つあるわけですが、どんな部分で両者は違ってくるのでしょうか。
一見して似ているように見えますが、審査の基準や金利などが大きく違います。
素早い審査が特徴の銀行系ですが、金利が高く、利用限度額が少ないということがいえます。
低金利で大口の融資ができますが、審査の基準が厳しく、審査結果がでるまでに時間を要するのが銀行だといいます。
銀行は総量規制の対象になりませんが、銀行系は総量規制の対象になるのが大きな違いではないでしょうか。
融資が総量規制という法律によって、年収の三分の一までしか受けられないことになっています。
融資を銀行系の金融会社から受けるという場合には、キャッシングの上限金額はもう決まっているということになるのです。
規制の対象となっているのは貸金業者として登録されている金融会社です。
銀行は貸金業者としての登録をせずともキャッシング融資を行うことができます。
自動的に銀行を貸し主にしたキャッシングをすることになるのは、年収の三分の一という制限を超えたキャッシングをしたい場合です。
基本的に銀行系キャッシングは、大口の融資でなければ不足なく使えますので、こちらを中心に活用するのがおすすめです。

銀行系キャッシングの審査

他の系列キャッシングの審査より厳しい傾向が、銀行系キャッシングの審査にはあるといいます。
キャッシングを銀行が直接行う場合よりは厳しくないとはいえ、銀行系は消費者金融系、信販系のキャッシング会社よりは高いハードルを設けています。
丁寧に確認をして、申込み時の書類に不備がないようにしておくことが、基本的なところはきちんとチェックされますので重要になってきます。
住所や電話番号を間違えていると虚偽の申告として、審査に通りにくくなります。
いちばん重視される銀行系キャッシングの審査の項目は、今までのキャッシング利用履歴です。
気を付けたほうが良いのは、今すでに他のキャッシング会社から融資を受けている人や、融資を金融会社からうけたときに支払しない時期があった人です。
重要視されるのは、他社の借入件数もあります。
融資をいくつかのキャッシング会社から受けている人は、先に返済をして借入件数を少なくするように努力しましょう。
さらに銀行系キャッシングは総量規制が関係してきます。
キャッシングの利用金額の合計が、年収の3分の1をオーバーすることはできません。
すでにその金額を借り入れ済みという人は、融資を受ける場合総量規制の対象外になっている銀行などを利用しなければなりません。
それぞれの金融会社によって審査基準は異なりますが、やはり他社と比較すると銀行系キャッシングは審査が厳しいことが多いようです。

キャッシングの申込み方法について

キャッシングを利用したいけれど実際の申込み方法がわからないという人がいますが、どんな方法があるでしょう。
キャッシングの申込み方法には窓口やファックス、郵便、インターネットなどがあります。
同じ商品であっても、複数の申込み方法から選択できることも多くなっています。
すぐに審査を受けてお金を引き出したい場合には、店頭窓口や無人契約機でのキャッシング申込みがおすすめです。
すぐにカードが発行されるので店頭併設のATMをすぐに利用することができます。
お店で、スタッフに話を聞きながらキャッシングの相談に乗ってもらえることが、対面申込みの利点です。
キャッシングについて知りたいことや、お金の返し方なども相談ができます。
審査をクリアすることができれば、その場で借り入れができます。
顔を合わせたくない人には、無人契約機でキャッシングの申込みをする方法があります。
誰にも顔を合わせることなく申込み手続きができますが、備え付けのカメラで利用希望者は映されているので間接的には見られていることになります。
機械の操作でキャッシングの申込みはできますが、わからないことはオペレーターに質問することが可能です。
直接誰にも顔を合わせないこと以外は店頭でのキャッシング申込みと同じです。
無人契約機や店舗窓口でキャッシングの申込みをすれば、審査が早く済むというメリットがあります。

自宅で出来るキャッシング申込み

この頃は、家にいながらキャッシングの申込みができる方法が注目を集めています。
どんなやり方があるのでしょうか。
自宅にいながらキャッシングの申込みができる電話やインターネット、携帯電話、郵送での申込みがおすすめです。
電話での申込みの場合には、仮審査を行い融資可能かどうかの回答をその場で得られます。
融資可能であれば、必要書類を持参するか契約書類を郵送して契約をするという申込み方法です。
電話でのキャッシングの申込みのメリットは何と言っても手軽なことです。
顔を見せずに直接話せるので、はじめての人や女性にも抵抗がないでしょう。
キャッシングを使いたい女性を対象とした、電話窓口も存在しています。
キャッシングに必要な書類提出や必要事項記入は、インターネットからでもできます。
まずは仮審査を送って、希望の金額を融資してもらえるかどうか確認してから、申込みをすることができます。
融資可能であれば必要書類を持参か郵送します。
IT系のキャッシングであれば、必要書類をファックスすれば画面上で契約手続きができる場合があります。
契約後はカードを送ってもらってATMを利用するか振込で融資を受けることになります。
インターネットでのキャッシング申込みは忙しくて店頭に出向く時間のない人におすすめの方法です。
電話で資料や書類を取り寄せて郵送でキャッシング申込みをする方法もあります。
やりとりを郵送で行うので日数はかかりますが、自宅でじっくりとキャッシングを検討してから申込みしたい人やパソコンが得意ではない人には良いでしょう。
どんな申込み方法がキャッシングがしやすいかは、人それぞれです。

キャッシング申込みの注意点

最近増えているのがキャッシングの申し込みをする人ですが、いくつか注意点があるといいます。
ひとつは他社ですでに借入をしていてその返済が滞っているから追加でキャッシングを申し込もうとする場合です。
返済努力があるようにも見えますが、遅滞していることそのものが信用を落としてしまい、審査に通る可能性が低くなってしまいます。
運よく審査を通過してキャッシングできたとしても新しく借りたお金で遅滞分の返済をしているので両方の利子を払うことになります。
もっと返済が苦しくなるということがよくあるので、新たにキャッシングの申込みをする場合にはよく検討するようにしましょう。
書類をキャッシング申込みのときに記入する場合、重要なのは審査に通りたいからといって嘘を書かないことです。
わざとではなくても、ミスして記載してしまった場合でも、審査に通るのが難しいことがあるそうです。
電話番号などの書き間違えでも信頼を失ってしまうことがあるので注意しましょう。
銀行系のキャッシングに申込みをする場合には、審査基準が特に厳しいので要注意です。
1社でも別のローン会社から借り入れをしていると審査に落ちる可能性があります。
消費者金融であれば他の会社から借り入れをしていても、返済がされていれば審査には通るといいます。
申込みをキャッシングにする場合には、自分の状況に合ったところにしたほうが良いでしょう。

サイトメニュー

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

サイトメニュー

Copyright (c) 2018 これさえ読めばもう怖くない!キャッシングの話 All rights reserved.