―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

キャッシング

キャッシングに興味があり、キャッシングのことをたくさん知りたいと思っている人や、何からすれば良いのか困っている方にオススメの情報をお届けします。
トップページ >

ページの先頭へ

カードローンのお金の返済方法について

キャッシング

どんな方法で返済をしたいかは、カードローン融資を受けた時に選べる仕組みになっているようです。
金融会社からカードローンの借り入れをした時には、銀行系か、消費者金融系かを問わず、翌月から一定金額を返済しつづけることになります。
毎月の決まった日までに、借りたお金を返済するというスタイルになっています。
返済方法は、銀行やコンビニのATM、無人自動契約機などから、お金を入金するというものです。
いつでもどこでも返済出来るので大変便利な点であり、良い所でもあります。
銀行系のカードローンを契約した場合は、その銀行の銀行口座から自動引き落としも可能なので、わざわざ振込する手間がありません。
様々な返済手段がありますが、今ではリボルビング払いでの返済をしている人が大勢います。
毎月の返済の見通しが立てやすく、返しやすいというメリットがあり、毎月一定の金額を返し続けるという方法です。
月に応じて返済金額が膨れあがるといった心配はありませんので、返済が生活を圧迫する心配はありません。
リボルビング払いでの返済金額は、希望に応じて金額を高く設定することもできます。
設定金額を上げれば、その分だけ支払う期間が短くなるので利息がお得になり、トータルの返済金額も少なくなります。
上げた支払い金額を下げることや一括返済も可能なので、利用状況を考慮しながら、返済方法の選択ができるようになっています。

消費者金融系と銀行系のカードローンの違い

キャッシング

金融会社はたくさんありますが、大きく分けると銀行系カードローンと、消費者金融系カードローンがあります。
融資を受ける時に欠かせない要素である金利面が、銀行系と、消費者金融系とでは、大きく異なっているようです。
より金利が低いのは、銀行系のカードローンです。
金利が低いほうが、利息が少なく済みます。
銀行系カードローンと、消費者金融系カードローンとを比べると2〜10%も金利差がある場合があります。
低金利のほうが返済が楽になります。
初めてカードローンの申込みをしたときの、審査の内容も違いがあります。
消費者金融系の審査時間は、約数分から数時間とかなり早い時間で審査が行われることが多く、融資する時間も早くなるのが特徴です。
しかし銀行系の場合の審査時間は、消費者金融のようなスピード審査をしない所がほとんどです。
可能な限り急ぎでお金を借りたいという場合は、銀行系カードローンの審査は時間がかかりすぎて待てないということもあります。
最近では、金利0%での融資を行っている消費者金融会社もありますが、銀行系カードローンの場合は、条件付きで利息が0になったりはしません。
銀行系カードローンは、まとまった金額を低金利で融資してもらえるというメリットがありますが、融資までのハードルが高く、審査に時間がかかりますので、それでは都合が悪い人もいます。
急ぎでお金を借りたいという状況でないならば、銀行系カードローンを利用したほうが低金利で、返済総額を少なく抑えることが可能になります。
銀行系でも消費者金融系でも、たくさんのカードローンを扱っている会社があります。
しっかり情報収集して自分の目的や返済計画に適したカードローンを選択することが重要です。

カードローンの金利について

消費者金融会社からお金を借りる時には、金利は4.5%から18%の間に設定されており、具体的な数字はまちまちです。
いくらまでの融資を受けられるかによっても、金利には違いが出ます。
10万円の融資を受けると、金利は18%つくとされています。
一度に借り入れ可能な金額が大きくなると、低金利の融資になりやすいようです。
カードローンの申込みには審査があります。
申込み者の年齢、勤務先、勤続年数、家族構成などから借り入れ上限額が決まります。
希望した金額が借りられるという訳ではなく、誰でも最高限度額までお金を借りる事が出来るようにはなっていません。
同じく銀行系も内容的には同じでありますが、金利面で変わってきます。
相場的には4%から14%程の金利になります。
銀行系カードローンの貸付条件と、消費者金融系カードローンの貸付条件を見比べると、金利に違いがあることがわかります。
ただ金利だけを見るならば、銀行系カードローンを使わない手はないかもしれませんが、その他の点で、銀行系カードローン会社には注意点があります。
銀行系カードローンは、審査の結果が出るまで何日かかかりますので、消費者金融系カードローンのような早さがありません。
銀行のカードローンは申込み手続きが煩雑なこともあります。
口座を開設しないといけないところもあって、手間がかかります。
早く融資を希望したい方は、消費者金融系の方がおすすめです。
融資するまで時間に余裕がある方やとりあえずカードを作っておこうという方の場合は、銀行系のカードローンを契約すると良いでしょう。

キャッシングと融資の違いについて

融資とキャッシングの差はどこにあるのだろうと、疑問を抱いているという人は少なくはないでしょう。
キャッシングも融資も意味は同一のものであり、使い分ける必要はないのではないかと思っている人もいるようです。
しかし、キャッシングと融資はそれぞれ異なる言葉です。
キャッシングは、基本的には無担保でお金が借りられます。
金銭を必要としているけれど担保がない人でも、キャッシングは使えます。
一方融資は、保証人や担保が必要ではないこともありますが、必要になる場合も含んでいます。
そこがキャッシングとの差です。
条件によって、担保や保証人が用意できない場合でも、融資を受けることができるといいます。
借りるお金の金額がそれほど大きくないという場合は、担保がなくても利用できるという融資もあります。
近年では、クレジットカードにキャッシング機能が付帯していることも多いため、それでキャッシングをするという人もいます。
緊急にお金が必要になった時などは、審査もなくすぐに借りる事ができます。
どんな場合でも、お金を貸す時には審査が生じます。
審査によって、返済能力があると認められた人でなければ、お金は借りられません。
どんなお金の借り方をしたいか、担保や保証人は用意できるかによって、自分の使いやすいほうはキャッシングか融資かをチョイスします。

キャッシングの種類と融資

最近は、キャッシングに対する敷居が低くなり、希望すれば比較的手軽に融資が受けられるという感じがあります。
かつてはサラ金と呼ばれ、警戒されていたキャッシングですが、CMの影響などもあってイメージが変わってきています。
そのため、女性や学生などでも気軽に融資が受けられるようになり、多くの人がキャッシングを利用していると思われがちです。
融資もそうですが、特にキャシングは、クレジットカード付帯型のサービスが多い為、使いやすさもあって人気があります。
融資やキャッシングができる会社は数多くあり、消費者金融会社系だけでなく、銀行系や信販系からも気軽に借りることができます。
多くの銀行系や信販系のクレジットカードは、キャッシングカードとしても利用することが可能です。
気軽に使えるため、多くの人が利用しています。
消費者金融では、審査をしてお金を融資するというスタイルがサービスの中核です。
キャッシングも扱ってはいますが、まずキャッシング専用カードを発行することになります。
消費者金融会社の窓口に行って申し込みの手続きをしなくてはいけないので、少し不便ともいえます。
カードを受け取れば、以後はATMを介して現金の借り入れや返済を済ませることできるので、手近なところで済ませられます。
初回の手続きが面倒に感じるかもしれませんが、キャッシングカードができれば融資はしやすくなります。

キャッシングと融資の注意

融資やキャッシングを使う時に、トラブルを回避するために知っておいた方がいいことは何でしょう。
大前提としては、金利を確認して、利息がいくらになるかを知っておくことです。
短期のキャッシングは、長期の融資よりも高金利になりやすいと言われています。
とくにリボ払いなどのようにキャッシングで借り入れて分割で払う場合などは、1回払いよりも金利は高くなります。
手続きをする前に、キャッシングの金利を知って、見通しを立てておきましょう。
キャッシングを利用する時には審査は避けて通れませんが、銀行系や信販系の審査は、消費者金融系の審査と比較すると通りにくいと言われています。
とはいえ、審査に通過しやすいキャッシングは、利用限度額が低めだったり、高金利であることが多いので、安易に飛びつかないようにしましょう。
よりキャッシングが借りやすいようにと、一定の条件づけで無利息でのキャッシングを行っているような金融会社もありますので、探してみましょう。
キャンペーン期間中は無利息で融資を行うという金融会社も存在します。
お金を借りるなら、金利のかからない期間のあるサービスを選ぶなど、上手に利用しましょう。
お金を借りた以上は、利息をつけてきちんと返済することは大原則です。
確実に返済するようにしましょう。
多少の不測事態があっても対応できるように、余裕を持って返済プランを立てた上で、貸付条件を確認してキャッシングや融資を利用することが重要です。

サイトメニュー

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

サイトメニュー

Copyright (c) 2018 これさえ読めばもう怖くない!キャッシングの話 All rights reserved.