不動産投資信託で利益率アップ!合理的な投資方法

不動産屋

資産運用の基本

集合住宅

アパート経営は周囲の環境を調べる事がとても大事であり、それを怠れば失敗する確率は多いです。しかし、十分に調べるには多くの時間とお金が必要で、それを惜しんでしまい失敗する事例も多くあります。資産価値を高く保ちたいならばより詳しく土地周辺を調査することが必要です。

View Detail

マンション活用の参考事例

建物

不動産経営を行なうにあたって、失敗事例を知っておくことでトラブルを回避できます。マンション投資の失敗事例として多いのが、短期売却を狙っての無理な資金計画を立てることです。また空き部屋とならないような対策をきちんと立てておくことも大切です。無理をしないような形で運用することが大事なのです。

View Detail

関西の大都市です

不動産

大阪には非常に多くの一棟売りマンションが販売されています。大阪は大都市ですから、賃貸マンションの需要が非常に高いのです。ですから、一棟売りマンションを購入して賃貸経営を行う方々が非常に多くいる都市と言えます。

View Detail

比較的利益が出しやすい

案内

不動産投資より安心

不動産投資は実際に不動産を購入し、賃貸の家賃収入や地価や物件の価格高騰を待って売却するなどして利益を得る投資方法です。しかし実際に物件を購入するため、資金が大量に必要になります。その点、不動産投資信託は10000円から投資できる初心者にも投資しやすい商品です。多くの投資家から資金を集め、オフィスビルや、商業施設マンションなどの不動産を購入しその家賃収入や売却益を投資家に還元するのが不動産投資信託です。不動産経営の知識がなくても運営はプロが行うため、安心して投資できるところが魅力の一つです。REITと呼ばれる不動産投資信託は、日本ではJ-REITとして販売されています。個人が投資を直接行うわけではないためメリットがあります。

株式と異なる特徴

不動産投資信託で購入する物件は、戸建てやアパートではありません。オフィスビルや商業施設や高層マンションなどです。資金が投資家から集めることができるため、大きい施設に投資することができます。その分利益が出た際には分配金として投資家に還元されます。特徴として不動産投資は流動性が低いため、取引価格がわかり肉い、投資先不動産の売却を行うのが困難などがあり、クローズドエンドという仕組みを採用しています。これは中途解約を受け付けない投資方法であり、逆に証券取引所に上場することで市場で売買できる仕組みを採用しています。これによって流動性を確保することができているのです。また分配金も法人税の問題など株式と比較して利益を出しやすい商品でもあります。